【総 評】審査委員長 河江利幸 氏

この度のせたな町観光フォトコンテストの審査を致しましたが、せたな町は父親の故郷であり小さい時から
何度も訪れていて私の思い出のある地です。
 せたな町の景勝地は知っていたので心配なく審査が出来ました。それは逆に主催者の目的に副って厳しい視点で審査が出来たと思います。
 この度の応募作品はせたな町の広範囲な地域に分散されバランスの取れた作品が応募されていました。今回の上位入賞作品は個性的な撮影表現し個々にインパクトのある作品でした。
 次回応募の際はマンネリ化した場所でも視点を広げての創作、又せたな町の土地柄が生んだイベント等の新鮮な観光写真・産業・紅葉・鳥獣生息など、せたな町を旅したくなる様な作品作りを期待したいです。

最優秀賞 「大漁の華」 撮影者 花岡勝美(江別市)


【選評】普通だと花火のみの撮影となりがちですが、この作品は定灯篭を撮り入れた事によって、せたな町で撮影された事が一目で分かります。夕暮れの水平線上のわずかな夕日や空の色、そこに広がる雲が一層情景を盛り上げています。また対岸の明かりが作品に遠近感を出しています。

優秀賞 「モイワの滝」 撮影者 古平文男(三笠市)


【選評】デジタルカメラ独自のインターバル撮影を活用し星空を流しています。長時間の撮影となり周辺の景観を映し出し岸壁の樹木・岩肌を強調しつつ左下に滝を入れ幻想的な作品になっています。弱点として左中央の白い部分が気になります。

優秀賞 「風波の美景」 撮影者 岩井時雄(千葉県八千代市)




【選評】作品の3分の2以上に強風で白波が立つ荒れた日本海が強く表現されています。背景に三本杉岩またこの強風を利用する風力発電塔を入れ情景を表現しています。夕日の空がより一層この夕暮れの情景を強調していて風や波の音が聞こえてくる様な作品です。

特選 「深緑の湖面」 撮影者 織田順子(今金町)




【選評】深緑の樹木が湖面に写りこみ幻想的な作品ですがプリントの濃度が薄いために中途半端な色調となっています。まだ濃度を上げると深緑と湖面が強調されより一層幻想的な作品となったでしょう。

特選 「最高潮」 撮影者 東博昭(函館市)




【選評】中央の人物の表情や動きなどの良い瞬間を写し撮って最高潮の祭の雰囲気が伝わってくる作品です。もう少し中央の人物をアップしてたら尚一層祭の雰囲気が表現されたでしょう。

特選 「春爛漫」  撮影者 山田ひとみ(函館市)




【選評】遊歩道を左上に控えめに取り入れたエゾノリュウキンカを大胆な構図で撮影されていて大変インパクトのある作品となっています。出来れば上部の黒い部分をカットすれば花が強調されたでしょう。

特選 「春風との競争」 撮影者 河原泰平(せたな町)




【選評】水仙まつりに行われるマラソン競技ですが、走っている子供たちの楽しそうな表情が良く撮られています。構図を良く考え背景に鳥居や石段などを入れながら桜や水仙が咲いている所を入れたことによって暖かな春の感じが表現されていて、ほのぼのとした作品です。

「星降る夜に」 撮影者 秋山駿介(江差町)


【選評】よく夕日とのシルエットで撮られている親子熊岩ですが、親子熊岩を控えめに右隅に入れ、大胆な構図にして星空を強調している作品です。作者独自の視点で撮られ、努力が伝わる作品です。

入選 「夕日を浴びて」 撮影者 小林翔(函館市)

入選 「荒れる日本海」 撮影者 織田厳(今金町)

入選 「アイドル」 撮影者 千葉勝一(今金町)

入選 「奥尻島と天の川」 撮影者 石川誉浩(愛知県豊明市)

入選 「里の春」 撮影者 臼杵裕幸(函館市)

入選 「せたなの海の守り神」  撮影者 岩本一志(函館市)

入選 「危険な神社へようこそ」 撮影者 佐藤眞奈美(函館市)

入選 「満開」 撮影者 根符勝之(せたな町)

入選 「残雪の狩場山と放牧」 撮影者 倉田健(せたな町)

入選 「磯舟のある風景」 撮影者 石澤理絵(函館市)



以上です。たくさんのご応募、ありがとうございました!