太田神社(おおたじんじゃ)

参道入口(第1鳥居)
本殿(頭頂)
本殿からの眺め(日本海)
本殿直前の断崖アタック(上の洞が本殿の祠)

  • 参道入口(第1鳥居)
  • 本殿(頭頂)
  • 本殿からの眺め(日本海)
  • 本殿直前の断崖アタック(上の洞が本殿の祠)

せたな町三大パワースポットの一つで、断崖絶壁にそびえる標高485mの太田山にある北海道最古の歴史を誇る山岳霊場で、道南五大霊場のひとつである。“日本一険しい”と言われる参道を登り詰めた先の洞穴に本殿があり、航海の安全と霊神の加護として信仰されている。また、麓の「定燈の崎(じょうとうのさき)」には別に拝殿も構えており、そこにはかつて太田山で修験した江戸時代の高僧・円空上人が彫ったとされる木彫仏像・「円空仏」(大正時代に焼失したため復元)が祀られている。

詳細情報

住所
久遠郡せたな町大成区太田
電話番号
-
営業時間
-
定休日
-
料金
-
URL
-
その他
-

周辺のおすすめスポット

定燈篭(じょうとうろう)

太田山の本殿の麓、現在は拝殿がある定燈の崎に安政4年(1857年)に建設された道内最古の灯台「定燈篭」が復元された。高さ1.3m、幅40cmの青銅製で、淡くともる灯火は海の色...

MORE

大成郷土館(たいせいきょうどかん)

旧大成町の歴史資料を展示する郷土資料館。(図書館と併設)町指定無形文化財であり、開拓者が伝えた「久遠神楽関係資料」をはじめ、太田神社で修行をした「円空関係資料」、開...

MORE