茂津多岬灯台(もったみさきとうだい)

灯台
灯台案内板
茂津多岬灯台(縦)

  • 灯台
  • 灯台案内板
  • 茂津多岬灯台(縦)

狩場山系から続く稜線の西端に位置し、日本海に面して落ち込み屹立している断崖が茂津多岬。平均海水面からの大きな標高差で有名だった灯台(灯火)は、その後周辺の林道の開通に伴って改築整備もされたことで塔頂まで290m離れた日本一標高の高い灯台となった。灯台周辺には道立自然公園に認定されている美しい自然林が広がり、散策路やトイレも整備されているため、ハイキングにもおすすめ。

詳細情報

住所
久遠郡せたな町瀬棚区北島歌
電話番号
-
営業時間
-
定休日
-
料金
-
URL
-
その他
-

周辺のおすすめスポット

狩場山(かりばやま)

狩場山系の主峰で標高1,519m、狩場茂津多道立公園に指定されている。せたな町と島牧村にまたがり、その標高は道南の最高峰である。特に山頂は高山植物の宝庫で、頂上からは日本...

MORE

窓岩(まどいわ)

緑の丘を背景に海面に立つ窓岩。竜宮の城門を連想させる巧妙さがあり、この窓を通して見る夕焼けは絶景。

MORE

獅子岩(ししいわ)

獅子が海に向かって吠えかかる姿に似ていることから名づけられた。岩の頂上にはアイヌ民族の力持ちが担ぎ上げたとされる重さ20貫の石が3個あったとされている。

MORE