施設

瀬棚区

風車 <風力発電施設>

1瀬棚区南川地区から続く臨海地区の風車群
日本初洋上風車「風見鳥」
立象山公園から臨海地区の眺め
令和から稼働が始まった大里ウィンドファームの風車群

  • 1瀬棚区南川地区から続く臨海地区の風車群
  • 日本初洋上風車「風見鳥」
  • 立象山公園から臨海地区の眺め
  • 令和から稼働が始まった大里ウィンドファームの風車群

北海道最西端に位置するせたな町では、日本海より吹く特有の強い風を活かしたクリーンエネルギーの推進を目的に、豊かな風資源を有効活用する事業として風車がそびえたつ。瀬棚区の臨海部では、平成16(2004)年に日本初の洋上風車「風見鳥」が本稼働を始め、日本海を眼下に見下ろせる『立象山パノラマライン』沿いに16基の風車が建設され「大里ウィンドファーム」として令和2(2020)年より運転を開始している。臨海部及び山間部の風車群は、『立象山公園』の展望台より見渡すことが出来る。せたなの新たな観光名所として期待されている。

詳細情報

所在地
久遠郡せたな町瀬棚区南川、西大里など
営業時間
-
定休日
-
トイレ
-
バリアフリー
-
駐車場
-
wifi
-
問合せ先
せたな町役場 まちづくり推進課
TEL:0137-84-5111
その他
-